【ポケモンXY】国際孵化の闇に飲まれる

スポンサーリンク

magikarp.jpg

世の中には“物欲センサー”という
概念が存在することをご存知だろうか。

きっかけは、至極簡単なことでした…。

―――大学のある地方で一人暮らしをしているアパートから、実家へと帰省する電車の中でのこと―――

「移動時間はやっぱり暇だなー。今回は本とか持ってきてないからポケモンで時間を潰そう」
 ↓
「でもなにをしよう?新しいポケモンの育成は…タマゴグループとか遺伝技とかを携帯で調べるのは大変だなぁ」
 ↓
「あ、それじゃガチで国際孵化をしてみようかな?兄前固定でコイキング孵化しまくってればいいや」
 ↓
「せっかくやるなら、出るまで諦めたくはないよなぁ。ってことで色生むまではポケモンで他のことやらないぞー決意した!」

このように心に刻んだのが、3月頭のことです。

当時は兄前固定が成功したときのことばかり考えて、それはそれはもうわくわくでした…。
C抜けが生まれたら色パルシェンにしようだの、
S抜けが生まれたら色ガルドにしようだの、
A抜けが生まれたらまたまた色シャンデラにしよう今回はちいシャンにするのもありかなーだの。
そんなふわふわしたことを考えつつ、また500匹前後で生まれてくれたら嬉しいなーなどと時々妄想する。

…しかし、現実は厳しかった!!!

3月初めにやり始めた兄前固定は数日、十数日、と続いていき…

ついに3週間ほどが経ついま現在、
孵化数が1500個になりましたが
未だに成功しません!!!

ちょっと前までの孵化環境だったら
「なんだ、また1500個しかやってないじゃん!せめて2000個超えてから文句いいなよ~」
という雰囲気になること間違いなしですが、しかし今回挑戦しているのはXYでのこと。
さらにぼくは全国図鑑も完成させているので、光るお守りも所有しています!
つまり成功確率は、1/512ということになるはず!!(推定)

う~ん…実は回数稼いだように見えて、まだまだ十分な数はこなせてないのかなー?
そう考えたぼくは、Excelを起動し計算で確率を確認してみることに。

ちなみに「1/xの確率で成功するものをy回試してみたとき、少なくとも1回成功する確率P」は次の式で求めることができます。
     p.jpg
(即席で適当に作ったのでちょっと見難いかもしれません…!)
確率の問題ですね…!
%で表わすのであればこのPを100倍すれば大丈夫です。

Excelに式や数値を入力し、
そして結果を算出していくっ…!!

その結果は…?

kakuritu.jpg

94.67390709 [%]

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   
        |      (__人__)     |     ないない
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `’ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

…ま、まあ。
まあまあ、まあまあまあ。

生まれるまで、やりきってみましょうよ!!!(涙目)

スポンサーリンク