【Splatoon2】ナワバリバトルで目指せ塗り100%!! ~ プライベート実験室。

スポンサーリンク

ナワバリバトル。

それはSplatoonにおけるもっとも一般的なルールで、2チームが自陣をどれだけ塗り拡げられたかを競い合うというもの。

試合結果はパーセンテージで表され、『53.2% vs 34.8%』のように10%以上の大差がつくこともあれば、『42.9% vs 43.1%』のように僅差で勝敗が決することもある。

この両者の合計はイコール「2チームで合わせてマップ全体のどれくらいを塗れたのか」を表すわけだが、しかしそんな細かいところまで塗り尽くすような余裕は試合中にはないため、普通は合計しても100%になることはまずありえない。

 

では普通じゃないプレイ……具体的には、

『2チームお互いに塗ることだけに専念し、
合計100%を目指した場合』

その塗り合計はしっかり100%になるのか?

 

 

 

 

 

というわけで。

この疑問を解決するべく、
知り合いを集めて実験を行ってまいりました!!!

さすがに見知らぬひともいる普通のナワバリバトルで試すわけにはいかないので、フレンドだけで集まり参加できる『プライベートマッチ』で実験。
人数的には8人いたので、特に問題なっしんぐ!

 

改めてルールを確認すると、やることは「100%を目指して塗りまくる」というただそれだけ!
勝ち負けなんて有って無いようなもの、しいて言えば「100%になれば8人の勝ち」。

3分という制限時間もあるので、基本キルするようなことはなし。
本当に2チームで協力し合いながら、平和的に塗りたくることを目指します。
まあ塗り終わって余裕ができてきたら、ふざけて自殺してみたりキルしてみたり煽りイカやってみたりと無法地帯になるんですが。

 

というわけで、実験開始!

広い場所だと塗り切れない可能性があるということで、ステージは……

コンブトラック』に決定!

 

そして8人の準備が整い。
試合のゴングが鳴り響くッ!!
普段は互いに争い合うイカたちが、しかし此度は皆で協力して塗り尽くすことだけを目指す……!

 

最初は「そんなにキレイに塗れるものなのか、キレイに塗れるとしても時間は足りるのだろうか」と思っていたんですが。

しかしやってみると、案外すんなりと順調に進むもんですねー。
少なくともこのコンブトラックでは、残り時間が1分を切るよりも前に全域塗り終えることができました。

 

残りの時間で塗り残しがないか各自確認を行う。
よーく確認すると、ちょっとしたところに塗り残しを見つけたりしました。あぶないあぶない。

 

……そして、試合が終わる。

画面に出てくる、両者の色で埋め尽くされたマップ。
はたして、その合計は100%になっているのか……っ!?

 

 

 

 

 

51.0% + 48.8% = 99.8%

 

0.02%……足りない……ッ!!

ちょっとしたところに塗り残しがあったのでしょうか。
あとほんの少し、ほんの少しだけど100%に届いていない……!

 

 

 

 

 

よろしい、ならばリベンジだ

ステージは先ほどと同じ『コンブトラック』。
今度こそ100%に到達させることを目指し、ちょっとした塗り残しも残さないように一面を塗り進めていく……!!

 

終わったッ!!
今度こそどうだ……!?

 

 

 

46.7% + 53.1% = 99.8%

 

やっぱり……
0.02%……足りない……ッ!!

 

この0.02%の壁を超えられない。
うーん、これが塗りの限界だったりするのでしょうか。

少なくとも、この『コンブトラック』では。

 

 

 

 

 

よし、ならば場所を変えて
再々チャレンジだ……ッ!!

ステージを変更。
今度は『タチウオパーキング』で100%を目指す!

 

タチウオでやってみた感想ですが、コンブトラックと比べると思ったよりも結構苦戦しましたねー。
ギリギリなんとか3分に間に合ったって感じで、最終チェックをする余裕がなかったです。

あと、高いところのふちに立って足元を塗るのがめっちゃ怖い!!
なんかとび職みたいな気分!!(

 

というわけで時間ギリギリにはなりましたが、なんとか塗り終えることに成功
さあ、あとは結果発表を待つのみ!

手ごたえとしてはまあまあな感じ。
はたして、100%には届くのか届かないのか……!?

 

 

 

 

 

51.1% + 48.7% = 99.8%

 

やはりやはり……
0.02%……足りない……ッ!!

 

うーん、残念……。

この0.02%の差は塗り残しのせいなのか、あるいは仕様で100%には届かないようになっているのか。
悔しい……とても悔しい……!

 

というわけで、3度の実験を行いましたが。

いずれも99.8%で止まってしまい、あと0.02%の差で100%には届きませんでした!

100%には到達しないように設定されているんですかねー。
あるいは、単にちょっとした塗り残しを見つけられていないだけなのか?
2つのステージで同じ数値だったので、仕様な気もしますが真実ははたして。

 

もしこの2つのステージで(あるいは別のステージでも)、「100%に到達したよー!」っていう成果をあげることに成功した方は、ぜひ教えてくださいっ!!(

スポンサーリンク