【雑記帖】『時間がない』は大抵『やる気がない』と同義だよねっていうたわいもないはなし。

スポンサーリンク

最近わたしには、できるだけ使用を控えようと努めている言葉があります。

それは『時間がない』っていう言い回し。

 

『時間がない』

この言葉、かなり卑怯な逃げ口上だと個人的には考えてるんですよねー。
だって『時間がない』ってさえ言っておけば、「やる気はあるんだけどそれをする時間がとれないから『仕方なく』できないんだよー」みたいな言い訳ができちゃうんだもん。

ただこの言葉、いざ「本当に時間がないからできないのか?」って考えてみると、十中八九そうではないことが多い。
大抵は「時間と言うより『やる気がない』だけ」で終わるんじゃないかと思います。

 

たとえば、私は最近FGOにめっちゃハマっています。
その分艦これやとうらぶ辺りは熱が下がり、最近ログインすらもしないようになってしまいました。
これを「FGOに費やしているせいで時間がないからやれてないんだ」と言い訳することは簡単です。

では、はたして本当に『時間がない』からできないのか?
これはNOなんじゃないかなぁと思います。
もし本当にやる気があるのであれば、それをやるための時間を作ることなんて工夫次第でどうにでもなるはずです。
でもそれをしていないのは、単に今はやる気が起きないから。
極端な話、一日の自由時間が100時間とかになったとしても、たぶん今の自分なら別のことを優先しちゃって艦これとかを起動することはないだろうなぁと思います。

 

確かに、本当に『時間がない』せいでそれをできない方もいるとは思います。
たとえば、毎日深夜まで残業してたり休日も出勤を強いられていたり。
そのせいで一日の自由時間がまったく取れないみたいな人であれば、『時間がない』っていう言葉を使うのもしゃーないかなぁとは思います。

しかし、『時間がない』を多様してしまうひとほど実際には別にそういうわけではないんだろうなぁと思ったり。
自分に言い訳がしたいだけで、しかし実は別にそれをやることに興味がそれほどあるわけでもない。

 

そして、この言葉の使用について私が一番危惧していること。
それは「『本当にそれが好きなひと』に対してある種の冒涜にもなりえるんじゃないか」ってところがあります。

「○○やりたいけど、時間がないからできないんだよねー」
「いや、やる時間を作ろうとしてないだけじゃん?」

みたいな。
それが大好きなひとは自分の色々な時間を割いてでもそれをすることに費やしているのに、軽々しく『時間がないからできない』と口にするのは、その人に対し失礼なんじゃないかなーって。

たとえば絵を描くことが好きで、毎日自分の時間を絵を描くことに費やしているひとがいるとする。
そんなひとの前で、「絵描きたいんだけど時間がなくてやれないんだよね」なんて言ったら「いや、じゃあ他のことやってる時間を絵にあてろよ」ってことになるよねーって。
だから、軽い気持ちで『時間がない』と口にするのはよろしくないなぁと思っているのです。

 

とまあそんな感じなので、私は『時間がない』っていう言葉の使用を極力避けるようにしています。
もちろん、これはあくまでわたしの個人的な意見なので、他の方にそれを強要しようとかそういうことは考えていないですよー!
あくまでもそういう意見もある、ってことでどうか一つ。

……なんだかクソまじめな記事になってしまいましたね。
まあ、たまにはこーいうのもいいでしょっ(

スポンサーリンク