【ゲーム】Fate/stay nightをプレイしおわったー!感想とかいろいろ

スポンサーリンク

※この記事は前半がネタバレ無し、警告を挟んだあと後半はネタバレ有りの内容となります。
ネタバレを見たくない方は警告の前までのみ読むようにしてください。

発売から13年以上、
今なおその名を世界に轟かす『Fate』シリーズの第1作、
「Fate/stay night」。

名作と名高いこの作品を数ヶ月前に購入プレイし始めて、
なんとか最後まで到達、全エンディングを拝むことができました……!!
というわけで、ゲームの紹介や感想を残すためクリア記念にこの記事を書いていきたいと思います。

 

最初は簡単に作品の紹介から入らせていただきましょー。

Fate/stay night』は2004年の1月30日に商業用に販売されたノベルゲームです。
今回わたしがプレイしたPC版の初作はR-18のレーティングがあるアダルトゲームでしたが、PS2やPSVITA、スマホなどで全年齢版のものも発売されています。(詳しくは『Réalta Nua(レアルタ ヌア)』で検索検索っ!)

ストーリーをざっくりと説明すると……
手にした者のあらゆる願いを叶えるという『聖杯』。
その聖杯を巡り、7組の魔術師(マスター)&使い魔(サーヴァント)が最後の一組になるまで殺し合いを行う。
日常の裏の非日常の中で勃発する『聖杯戦争』、主人公・衛宮士郎は己のサーヴァント・セイバーと共に、戦いの渦の中へその身を進めていく……。
といった感じでしょうか。

「―――問おう。貴方が、私のマスターか」

Fateといえばこのセリフが有名だと思います!
Fateのストーリーとかを知らなくても、このセリフだけは知ってるってひとも多いんじゃないかなぁ。

 

ではでは、まずはネタバレ無しでの感想などを。
「未プレイだけどあとでプレイしてみたい」って方が見ても大丈夫な内容になりますので、その分文章量は少なめです。

この『Fate/stay night』ですが、私はプレイ前からずっと気になってたことがありました。
それは「グロ描写はどれくらいあるんだろう」っていう点。
わたしが『Fate/stay night』を初めて知ったのは今からだいたい8年前とかその辺りで、その頃からこのゲームはすこーし気になってはいました。
しかし私は「グロ描写(主に内臓とか)が苦手」で、Fateもプレイした知り合い曰く「グロはそこそこある」と聞いていたので、なかなか手を出せないでいました。
しかし今回意を決してプレイしてみることにしたわけですが……

結論から言いますと「グロいイラストはほぼ無かった。テキストや効果音、あとゲームの表現がグロかったり怖かったりするところはある」って感じでした。
ノベルゲーなのでテキストとイラストでゲームが進行するわけですが、イラストについてはグロいものはほとんどなかったです。
といっても流血表現はありますが、内臓がでろりと出るとか断面図が鮮明に描かれるとかそういったものは無し。
ただテキストは結構エグい表現が多かったり、効果音も『グチャッ!!グチャッ!!』とかわりとグロい感じだったり、あとは「画面が不吉な単語の赤文字で埋め尽くされる」みたいな精神を抉られるような表現を使われることは場面によってはあったかなーって感じ。
わたしと同じように「グロが苦手で……」って方は参考にでもしていただければ。
グロ耐性にも個人差はありますからねー。

プレイ時間ですが、やっぱり結構長めでした。
毎日少しずつやるって感じで進めてたんですけど、だいたい2~3ヶ月くらいかかったかも?
わたしはこういうノベルゲーとかエロゲーとかを全然プレイしない人間なので、平均がどれくらいなのかはちょっと分からないのですが。
とりあえずがっつり時間をとってプレイしていくスタイルの方が向いてるゲームだとは思いましたー。

ストーリーについて。
一時期「Fateは文学」という言葉が流行ったことがありましたが、やはり読んでいて面白いですし、魅力ある様々な登場人物が織りなす物語は飽きさせずに次へ次へとさらにその先を読んでいきたくなっちゃいますねー。
それぞれのキャラクターたちの過去などもルートを進めているうちに次第に明らかになっていて、「あの伏線はここに繋がってくるのか……!」ってこともたくさんありました。
ひとの好き嫌いはひとによって違うと思うので「絶対に楽しめる!」と言い切ることはできないですが、それでもFateシリーズの世界観の奥深さは色んな方に触れてみてほしいなぁとは思います。

 

では、ここからはネタバレも含む内容になります。
ネタバレ情報を知りたくない方はブラウザバックをお願いします~!

 

↓この先ネタバレあり

 


 

さて、ここからはネタバレ情報ありの内容となります。
各ルートごとに簡単にまとめてみましたので、よければお付き合いください。

 

●セイバールート『Fate』

・エピローグのベディヴィエールが出てくるところで「ウオォォォォォオッ!!!」ってなった……たぶんこれFGOのベディにも面影あるよね……10年以上前のキャラが10年後のスマホゲーで活きてくるとかすごい楽しい……

・こっちのルートでは(および凜ルートでも)桜が次第にフェードアウトしていってしまうので、気付いたときには忘れ去られちゃってましたねー。ちょっと寂しかった。
(とはいえ、後の桜ルートではすんごい重くのしかかってくるわけですが。)

・アーチャーの2つのセリフ「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」と「イメージするものは、常に最強の自分だ。」のくだりはほんとかっこよすぎた。惚れるわ……。
なおここをプレイしてる時点では、わたしはアーチャーの正体をぜんぜん分かっていませんでした。

・セイバールートやると「せいばぁああああああああああああああああ」ってなるけど、しかしApocryphaを読むと今度は「モーさんんんんんんんんんんんんんんんんんん」ってなってしまう。辛い……(
ちなみに、Apocryphaも全巻読み終わったら(あるいはアニメが終わったら?)そっちも感想まとめたいなーって思ってます。この記事を書いてる時点では4巻中盤まで読んでる。

 

●凜ルート『Unlimited Blade Works』

うおわああああああああエミヤあああああああああああああああああああああああああ

最後のこの笑顔は卑怯だ………………卑怯すぎる………………

・英霊『エミヤ』の正体は、最初は名前以外ほとんどの情報無しでプレイしてたので、「もしかして衛宮切嗣だったり?」程度にしか分かってませんでした。そのうちに「衛宮家の守護霊とかそんな感じの曖昧な存在なのか?」なんて考えたりもして、しかし最終的には……って感じで気付いて震えるしかし勘がにぶちんすぎる(

・そして正体が完全に分かったあと、FGOでエミヤを使ってたらスキル名が『投影魔術』だったりスキル発動時のセリフが「トレース・オン」だったりすることに気付いて更に震える

あのセリフがよく知られている令呪で自害を命じられたランサーの、一部始終がほんっとかっけぇぇぇ……いいや……!!

・最後の士郎vs英雄王の戦いも震えた……主人公ルートほんとかっこよすぎるゥ……!!

 

●桜ルート『Heaven’s Feel』

うわああああああああああああああああああさくらあああああああああああああああああああああああああああああああああイリヤあああああああああああああああああああああああああああああああ

あああああもうなんかエピローグ中鳥肌がやばい。還らぬ存在となってしまった人たちもいるけど、最後には4人(+1騎)が一緒になれてほんとよかった……!

・ちなみに、初見プレイ時はTRUE ENDではなくNORMAL ENDで終わってしまったので、桜と凜だけを残してしまいました。こっちの終わり方はちょっぴりさみしかったねー……。

・全ルート中最長らしいですが、やっぱりボリュームがすごかった。毎日少しずつのプレイで1~2ヶ月以上かかっちゃったかも?

・長くプレイした分、TRUE ENDを見たときの「ここまで(士郎が)頑張って本当によかった……」っていう想いが強かった。

凜と桜の組み合わせほんと好きだ……うん、好き……

・凜と桜の関係についてもここで初めて知りました。真実を知ったときはマジで驚愕した。

・ちなみに、Heaven’s Feelは2017年以降に映画が放映されるらしいですねー。観に行きたい気はするけど、しかし映画だとグロ描写も普通にありそうだしなぁ……うーん……(

 

●全体的に

・累計プレイ時間は……6日もかかった!!6×24=144時間か……。(おそらく、点けっぱなしで放置してしまってた時間もあったと思うけど。しかしそれでも100時間は余裕で超えてる)
とりあえず全部のエンドを見終えて、タイガー道場もコンプできたので満足。

・FGOからFateシリーズをやり始めた身でしたが、世界観をよりよく知ることができてとても楽しかったです。このあとはhollow ataraxia、EXTRA、EXTRA CCC、EXTELLAもプレイして……Apocryphaも読み終えて……ZeroとかPrototypeとかも読みたいし……時間がいくらあっても足りないなァ!?(

 

 

 

……というところで。
以上、『Fate/stay night』の感想などなどでしたー!

やはり評判通り、かなーり楽しむことができました……!
この作品で改めてFateの世界を知り、そしてさらにその派生作品もいろいろ知っていきたいなーと思った。
全部熟知するのはなかなかに大変そうですが、しかし少しずつでもそれぞれ楽しんでいきたいなぁ……!!

スポンサーリンク