【Trailhead】「コミュニティの種別およびテンプレートの選択」解答と解説

スポンサーリンク

最近 Salesforce の Trailhead を利用していて、問題(Challenge)を簡単に解説してくれるようなサイトとかが欲しくなるんだけど探してもなかなか見つからないので、いっそ自分で記事を作ってみる。
1日1記事1問とか、ちょっとず~つあげていくよ。

もしかしたら内容に間違いが存在するかもしれませんので、その点についてはご了承ください。
もしも間違いを発見した場合にはコメントなどにて教えて頂けるとありがたいです。

 


 

コミュニティのロールアウト戦略 >
コミュニティの種別およびテンプレートの選択

Trailhead ページ :
https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/community_rollout_impl/units/community_rollout_impl_type_template

 

●Challenge 問題文

1. 従業員コミュニティはどのような形でビジネスに活用できますか?
A. リードの生成
B. 顧客のケースデフレクション
C. Live Chat
D. コラボレーション

2. Salesforce タブ + Visualforce テンプレートとコミュニティビルダーのテンプレートの違いは何ですか?
A. Salesforce タブ + Visualforce では、追加のコードを記述することなく、すぐにカスタマイズできる。
B. コミュニティビルダーのテンプレートは、顧客との簡単なやりとりに対処する。
C. Salesforce タブ + Visualforce を使用した高度なカスタマイズではコードを記述する必要がある。
D. この 2 つに違いはなく、同じである!

3. カスタマーサービステンプレートの機能はどれですか?
A. プロファイルベースのアクセス
B. 推奨
C. オートコンプリート検索
D. ゲーミフィケーション
E. 上記のすべて

 

●解答と解説

1. 従業員コミュニティはどのような形でビジネスに活用できますか?
A. リードの生成
B. 顧客のケースデフレクション
C. Live Chat
D. コラボレーション

正解は “D. コラボレーション

Michael

そして最後は、Cloud Kicks 商品を世界に売り出すやり手のマーケティング担当者、Michael です。Cloud Kicks のマーケティングの花形である Michael は、従業員コミュニティを使用して社内のニュースをフォローし、職域を超えたチームによる多部門コラボレーションで新しい商品ラインの開発に取り組んでいます。Michael が、コミュニティを活用して実現したいことは次のとおりです。

  • 世界各地に分散するチームメイトと結束する仕事環境
  • 研究、開発、製造分野の担当者とのコラボレーション
  • トレーニング資料の入手
  • 健康保険や納税書類など、雇用に関する一般的な質問への回答

上記の部分、”コラボレーション” について述べている記載が2箇所ありました。

 

2. Salesforce タブ + Visualforce テンプレートとコミュニティビルダーのテンプレートの違いは何ですか?
A. Salesforce タブ + Visualforce では、追加のコードを記述することなく、すぐにカスタマイズできる。
B. コミュニティビルダーのテンプレートは、顧客との簡単なやりとりに対処する。
C. Salesforce タブ + Visualforce を使用した高度なカスタマイズではコードを記述する必要がある。
D. この 2 つに違いはなく、同じである!

正解は “C. Salesforce タブ + Visualforce を使用した高度なカスタマイズではコードを記述する必要がある。

表 1.(上図)の赤線で囲った部分に書いてあります。
Salesforce タブ + Visualforce の組み合わせは、高度なカスタマイズができる代わりにある程度コーディングしなければいけないんですねー。

 

3. カスタマーサービステンプレートの機能はどれですか?
A. プロファイルベースのアクセス
B. 推奨
C. オートコンプリート検索
D. ゲーミフィケーション
E. 上記のすべて

正解は “E. 上記のすべて

以下は、Erica の決め手となったカスタマーサービス (Napili) テンプレートの要素です。

  • コミュニティビルダーを使用したポイント & クリック式のカスタマイズ
  • コラボレーション
  • オートコンプリート検索
  • ナレッジおよびケースの作成を使用したケースの自己解決
  • Salesforce レコードの共有 (もちろん、あらゆるセキュリティチェックを実行)
  • おすすめ
  • プロファイルベースのアクセス
  • トピックおよびトピックメール通知
  • ゲーミフィケーション
  • 有害な人物やプログラムを除外するルール

ここの箇条書きの部分に、A ~ D の項目内容についてすべて記載されています。
なので答えは “E. 上記のすべて” になります。

 

以上、Challenge を達成すると100ポイントが入手できます。

スポンサーリンク