【ポケモンUSM】UB “BURST” 『ズガドーン』をオシャボで確実に捕獲するための方法をまとめてみる

スポンサーリンク

現状、ちゃんとまとめている方はあんまりいなさそうなので。(タブンネ)
USM の新規UB『ズガドーン』(通称 BURST)をオシャボで捕獲するための方法を考えてまとめてみました!
この記事で誰かの助けになれれば嬉しい。

 

●出現するズガドーンの情報

まずズガドーンの情報から。
野生で出てくるズガドーンは、次のようなステータスになっています。

Lv.60
タイプ:ゴースト/ほのお
特性:ビーストブースト
種族値:53-127-53-151-79-107
※Lv60のすばやさ実数値は性格補正無しだと最高 152・補正有りだと最高 167
技:
ビックリヘッド
・だいもんじ
・シャドーボール
トリック

とくこうの数値が極めて高く、特性ビーストブーストでさらに火力が上がるので、しっかり対策しないとこちらが壊滅します。
またゴーストタイプなのでそのままでは『みねうち』が効かないという困ったコ。

 

●『ビックリヘッド』の仕様について

ズガドーンの代名詞とも言える技『ビックリヘッド』は、使う場合に自分の体力を最大HPの 1/2 だけ削ります。
使用前の時点でHPが 1/2 以下だった場合は、呪いや大爆発などと同じく技を使ってから瀕死になります。
(ちなみに小数点以下切り上げなので、HPが奇数でも2回使うと倒れます。)
これだけ見ると「オシャボ厳選めちゃくちゃ難しそうじゃん!!」と思ってしまいますが、どうやら自滅になるタイミングでは撃ってこない(※)ようです。

※数百回、数千回単位で実験してみたわけではないので、確定ではないです。
万が一自爆されたとしても責任は此方では負いかねますので、ご了承ください。
というか、もしPP切れ以外で2発目を撃たれた方がいれば教えてください……。

もちろん、他の3つの技のPPが切れてしまえば撃ってくるので、PPを切らさないように気を付ける必要はあります。
今回はこの仕様に注目し、ズガドーンのPPを絶対に切らさないようにして捕獲に挑む作戦を考えました!

 

●事前準備

太字は必須級です。(特に赤の太字)
細字はお好みで。

特性シンクロのLv59ポケモン (ケーシィ、ラルトスなど)
安心と信頼のシンクロ要員。確率50%は信用ならんけどネ!
効率を高めるため、Lv59まで育てる
これでゴールドスプレーを使えばズガドーン以外のポケモンに遭遇しなくなるため、効率がググーンと上がります!
Lv60(ズガドーンと同レベル)でも大丈夫だったかどうかは忘れた。

特性『しゅうかく』をスキルスワップできるポケモン (ナッシーなど)
『しゅうかく』は自分が使ったきのみを確率で再度回収することができる特性です。
これを技『スキルスワップ』でズガドーンに押し付けることにより、ズガドーンのPP切れを防ぐことができます。
(ついでに、ビーストブーストで相手の火力がどんどん上がるのも防げます。)

ちなみに、天候を晴れ状態にできれば収穫の発動率が 100% になります。
しかし今のポケモンは天候効果が永続ではなくなっているので、切れる度に日本晴れを使うなり日照り持ちに交代するなりで再度晴らせる必要があります……。
(ゲンシグラードンなら永続晴れにできる上に後述のトリック対策もできますが、相手のだいもんじの火力も高くなるので注意です。)
「何ターン経ってもしゅうかくが発動してくれない!」みたいな万が一のときのため、手持ちのポケモンに日本晴れも覚えさせておけばちょっと安心できますね。

技『トリック』『すりかえ』『ギフトパス』などで持ち物を渡せるポケモン (シャンデラなど)+ヒメリのみ
道具『ヒメリのみ』は持たせると自分の技のPPが切れているときに勝手に消費し、PPを回復することができます。
特性『しゅうかく』と組み合わせることで何度でも使うことができるようになるので、無限にPPを回復できるようになります。
これを相手のズガドーンに渡せるポケモンが必要。
ズガドーン自体がトリックを持っているので最悪それを待ってもいいんですが、能動的に渡せるコを最低一匹は用意した方が安全だとは思います。

技『みずびたし』を使えるポケモン (ゴルダックなど)
相手を単水タイプに変えられる技。
ノーマルタイプのわざ『みねうち』を、ゴーストタイプであるズガドーンに当てるために使います。
ついでに、シャドボや大文字がタイプ不一致になるので火力を削ぐ効果もあります。

技『みねうち』を使えるポケモン (オノノクスなど)
説明不要だと思いますが、これを撃つことで相手のHPを 1 まで減らせます。
前述のみずびたしの効果によって、ゴーストタイプのズガドーンにも当てられます。

技『へびにらみ』を使えるポケモン (ジャローダなど)
相手をまひ状態にする技。
『でんじは』でも代用可能ですが、命中が90なのでそこが少し不安です。
また、まひではなく『キノコのほうし』で眠り状態にするのもアリですが、この技を撃てるポケモンは大抵ほのおタイプが弱点のため、よほど高Lvでスペシャルガードなどを喰わせまくったりしないとズガドーンの大文字で落ちてしまいそう。
げんきのかけらを使いまくったりしてるとかえって効率が悪くなるので、それをするくらいならまひの方がいいんじゃないかなと思います。
数を確保しにくいガンテツボールで捕まえたいときだけ、キノコのほうしを使うことをオススメします。

ズガドーンの技を安全に耐えられるポケモン+Zクリスタル(or対応メガストーン)
「あとはボールを投げまくるだけ!」っていう状態になったとき、ズガドーンの前に立たせ続けるポケモンです。
ズガドーンの高火力・高範囲なシャドボ&大文字をきっちり受けられるコが必要になります。
オススメは特性貰い火でほのお無効&ゴースト半減のヘルガーとか、ストーリーで育てた人も多いガオガエンとか。
しゅうかくが中々発動しないときのために『にほんばれ』、急所への保険として『みがわり』もあったりするとなおグッドです。
(※バンギラスはすなあらしにしろきんちょうかんにしろ捕獲の邪魔になってしまうので、今回は使えません!)

それらのポケモンにはZクリスタルを持たせます。(メガシンカできるポケモンの場合は対応メガ石でもOK)
これによってズガドーンのトリックを無効化することができます。
トリックでヒメリのみを返されてしまうとしんどいので、忘れずに持たせるようにしておきましょう。

・『おきみやげ』などで相手のとくこうを下げられるポケモン
戦闘開始時にオーラでズガドーンのとくこうが2段階上がるので、それがイヤな方は。
さらに安全にいきたいなら、限界まで下げた状態にするのも効果的です。
これを使ってる間にトリックでヒメリを返されたりしないよう注意。

・つかまえポン
自分の体感ですが、有ると無いとではわりと捕まえやすさがだいぶ変わってきます。
最悪リセマラでロトポン厳選することもできるので、基本的には用意しておいた方がよいと思います。

スペシャルガードいっぱい(最低3つ)
耐久させるポケモンに喰わせる。
これによって、より安全にズガドーンの攻撃を受けられるようになります。
急所の保険として『みがわり』も合わせて使うとさらに安心。

げんきのかけらなど復活アイテムいっぱい
保険として。
捕獲準備段階に事故で手持ちのポケモンが倒れてしまったとき、復活が必要になります。
特に、一匹のポケモンに二つ以上の技を使わせる予定の場合は必須級アイテムになります。

きずぐすり系の回復アイテムいっぱい
捕獲するまでは相手の攻撃を受け続けることになるので、回復アイテムは必須クラスです。
『たべのこし』はトリックでヒメリと交換される可能性があるので非推奨。

入れたいボールいっぱい
当たり前だよなぁ?
一発成功は難しいかもですが、何回か挑戦すればガンテツボールでもいけるはずです。

 

また、相手の攻撃一発でやられる可能性のあるポケモンは、基本的にすばやさ個体値が V のズガドーンを抜けるようにしておく必要があります。
(トリックされたとき厄介なことになるので、こだわりスカーフで調整するのは非推奨)
個体値 V なズガドーンのすばやさ実数値は、性格補正無しだと 152 、有りだと 167 になります。
※色違いを狙う際は控えめなどで粘る場合も、シンクロが外れたけど運よく臆病になったときのため、一応 167 を抜けるようにしておいた方がよいかもです。

ここまで読んで気付いたこともいると思いますが、ぶっちゃけ用意するポケモンがめっちゃくちゃ多いです。
そのため、誰かしらに役割を被らせる必要があります。
専用のドーブルを用意できるのであれば、これから先何度でも挑みやすくなるのでよさそうですね。
(自分は今回、ドーブルは用意しませんでしたが……。)

わたしは↓こんな感じで準備し、ズガドーン捕獲に挑むことにしました!

・Lv59のシンクロケーシィ(臆病・瀕死状態)
・スキスワ、ギフトパスを覚えた収穫ナッシー(ヒメリのみ持ち)
・でんじは、トリックを覚えたルナアーラ(ヒメリのみ持ち)
・水浸しを覚えたゴルダック(ヒメリのみ持ち)
・みねうちを覚えたオノノクス(ヒメリのみ持ち)
・みがわり、にほんばれ、ないしょばなしを覚えたガオガエン(Zクリスタル持ち)

 

●捕獲実践

先述のパーティを使った場合、わたしはこんな感じで捕獲しようと考えてます。

(⓪ズガドーンの出現するエリアでゴールドスプレーを使いレポートを書いておく)
①戦闘開始。シンクロケーシィは瀕死状態なので、最初に繰り出すのはナッシー。
②最初のターンにナッシーでスキルスワップを使い、相手の特性をしゅうかくに変更。相手の初手は恐らくビックリヘッドがくるので、ナッシーは落ちて③へ。
③ルナアーラを死に出しし、電磁波で麻痺状態に。相手の攻撃で落ちた場合は④へ、落ちなかった場合は次にトリックを行いヒメリを渡す。
④ゴルダックを死に出しし、水浸しで水タイプに。ゴルダックが落ちなかった場合はナッシーかルナアーラを復活させておく。
⑤手頃なタイミングでルナアーラかナッシーを死に出しし、ヒメリのみをギフトパス。ここまでの間に相手のトリックなどでヒメリが渡っている場合、ここの操作は不要。
(※3ターン連続で自分のポケモンがやられて3体とも瀕死になっている場合、いったんガオガエンを出してから2体を復活させる。復活させたうち1体を犠牲に残りの1体を死に出しし、ギフトパスもしくはトリックを成功させる。)
⑥オノノクスを死にだしし、みねうちでHPを1まで削る
⑦ガオガエンに交代し、スペシャルガードを大量に積んだら身代わり。
⑧つかまえポンを使ったあと、成功するまでボールを投げ続ける。ガオガエンが瀕死にならないよう、回復や身代わりの張り直しは慎重に行う。

こういう流れ!
たぶん状況により臨機応変にアドリブが必要になるのかなーとは思っています。
また、そもそも自分のパーティだとこういう流れでいくってだけなので、これを読んでいる方は自分のパーティに合わせてやり方を調整してみてください。

色違いのズガドーンを狙いたい!って方は、準備ができたらまずは普通のズガドーン相手に何回か捕獲の練習をしてみるといいと思います!
いざ色違いが出てきて捕まえようと思ったのに、準備不足なところが見つかって捕獲に失敗しちゃったりしたら元も子もない。

 

●実際にやってみた

ゴールドスプレーを使った状態で、草むらをうろうろ……

でたー!

オーラでとくこうが2段階上昇します。

最初のターンは予定どおりスキスワを行います。

ズガドーンのとくせいが『しゅうかく』になりました。

ズガドーンはビックリヘッドを使用!当然ナッシーは耐えられず。
おそらく、最初の1ターン目は確定でビックリヘッドを使ってくるように設定されている気がします。

ズガドーンのHPが黄色ゲージになりましたが、慌てなくても大丈夫。
PPさえ切らさなければ2発目のビックリヘッドは使ってこないはずです。

続いて、麻痺要員のルナアーラを出します。

まひを入れていきます。
わたしは妥協して電磁波を使っていますが、ちゃんと準備できる方は蛇睨みのほうがいいよ。

ファーーーーーwwwwwwwwww
言ってるそばからwwwww

4倍弱点のシャドボを喰らいましたが、これくらいのダメージで抑えられました。
さすがの固さである……!

めげずにもう一回電磁波を撃ちます。

よしよし、今度は当ててくれました。

そして、ズガドーンはしびれて動けず!
これは美味しい。

ルナアーラが生き残ってくれたので、トリックを選択します。

これで相手のPPは尽きない状態になりました!

2発目のシャドーボールでルナアーラはKO。
あとは捕まえやすくしてから、ボールを投げまくるのみ!

まずゴルダックを出します。

みずびたしを選択!

これでズガドーンは水タイプに。

反撃のシャドボでゴルダックが倒されたので、みねうち役のオノノクスを出します。

みねうち1発でここまで削れた!

あとはボールを投げまくるのみ。
壁役のガオガエンを出していきます。

このあとはもう交代しないので、スペシャルガードを喰わせまくります。
3個使えば6段階アップです。

急所の保険としてみがわりも設置。

つかまえポンも使用!
これでちょっと捕まえやすくなります。

おっと、いろいろやってる間に大文字のPPが切れたみたいです。
しかしヒメリでPPを回復して……

収穫で使ったヒメリを回収!
ちなみに、スクショ撮るためにさっさと収穫して欲しかったので日本晴れ使いました

そんなわけで、完全に場が整った状態でボールを投げまくれば……

モンスターボールで(σ・∀・)σゲッツ!!

ねっ、準備さえ整えれば簡単だったでしょー!
ちなみにこのときは8~9回くらいモンスターボールを投げました。

 

●まとめ

というわけで、ズガドーンをモンスターボールに入れたいふらっとによる捕獲手段まとめでした。
興味のある方はこれを参考に、マスボやウルボ以外のボールにも BURST を入れてみてください!

ちなみに、ナッシーは収穫スキスワとヒメリギフトパスをひとりで両立できる優秀な捕獲要員です。
対ズガドーン以外でも役立つこと間違いなしなので、特に色違い粘り勢の方なら用意してみるのをオススメ!

スポンサーリンク